MENU

交際を始めたばかりの彼に、長く大事にしてもらうための方法

お付き合いが始まった時は気持ちが浮かれていて何をしていても幸せだと感じることがあります。
しかしお付き合いが始まったからと言って気を抜いていたら、彼が他の女性に目移りをしていたという状況も起こりえます。
長く彼と良いお付き合いをしていくためには、交際が始まってから初めの頃にどうやって関係を築いていくかが大事になってくるのです。

 

交際が始まって最初の頃に、気をつけておくポイントを紹介します。

 

1.彼の友人に彼女として紹介してもらう

男性は本気でお付き合いをしている彼女は、友人に紹介することが多いです。
お付き合いしている彼女を友人に知っておいてもらいたい、逆に彼女にもどんな友人がいるのか知っておいてもらいたいと思うからです。

 

お付き合いが始まったら、彼に「今度友達に会ってみたいな」と頼んで会う機会を作ってもらいましょう。
友達も公認の彼女ということになれば、彼もあなたに対していいかげんなお付き合いをすることはないでしょう。

 

2.家でのデートばかりをしない

家でのデートはリラックスできて、お互いにとって良いなと感じるかもしれませんが、最初から彼の家ばかりで会うような
関係になってしまうと、なかなかあなたを楽しませようとデートプランを考えてくれることも少なくなってしまいます。

 

家でばかり会っていると彼がこの女性のために頑張らなくても大丈夫かなと思ってしまい、すぐに飽きてしまうことがあるので、彼と外でデートをして労力を使ってもらうということも大事にしましょう。

 

3.自分の気持ちを伝える

男性は女性の気持ちを想像して、言わなくても気づくというのが苦手な人が多いです。
しかし彼女がこうしたいという気持ちがわかれば、それをして喜ばせてあげたいなと思います。

 

彼に「○○に行きたいな」「○○したいな」と自分の気持ちを上手に伝えるようにしておけば、あなたを喜ばせる方法がわかり
楽しくお付き合いをすることができます。
彼が自分の思うようなことをしてくれないことを責めるのではなく、自分の気持ちを伝える努力をしましょう。

 

4.他の男性の話をしない

あなたに男友達がいる場合には、彼の前でその友達の話をするのは絶対に避けるべきです。
いくらあなたが男性として意識していない相手だとしても、彼にとっては心配の種になりますし、あなたのことを疑う
気持ちも出てきます。

 

男性は自分だけを見てほしいというプライドも高い生き物なので、他の男性の話をされるのをよく思いません。
男友達だけでなく、過去にお付き合いした人の話をするのもNGです。

 

おわりに

付き合い始めにこのようなことに気をつけるだけで、長続きする良い関係を築くことができるのです。
最初が肝心なのでしっかりとポイントを押さえておきましょう。